Browsed by
月別: 2017年5月

FPはお金のプロ

FPはお金のプロ

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、ひと口で言えば、家計のプロということです。日々暮らしていく上での、お金のやりくりについての専門家ですので、生命保険についても充分な知識があり、その上で、自分に最適な保険についてアドバイスしてくれる存在なのです。

では、生命保険の見直しをFPに相談する上で、まずはどういった点を相談すればいいのでしょう。まずは、その時に加入している商品が果たして自分に合っているのかを検証してもらってください。家族構成や年収、将来的な展望などを考慮して、実際の保険内容とその時の環境にズレがあれば、そこの溝を埋める新たな保険を提案してくれます。また、同じ保険内容の商品があれば、保険料の安いもののほうが家計は助かります。FPは、そういったアドバイスも行ってくれますし、一社だけでなく複数の保険会社の商品のメリット・デメリットを比べ、最適な商品を見つけ出してくれるのです。

生命保険を見直すことで、最も効果の現れるところが家計のやりくりです。FPに相談することで、例えば住宅ローンと保険料のバランスや、子どもの教育費、老後の備えなど家計に関するアドバイスを受けることができます。このように、生命保険は見直しが必要で、そして、その際にはFPに相談することをおすすめします。

見直す時期とFP

見直す時期とFP

生命保険は、常に見直しを考えなければいけないものです。例えば、独身の頃であれば、自分に万が一のことがあれば、その受け取りは両親ということになりますが、結婚すればどうでしょう。まさか、両親ということにはなりません。やはり、残された家族にその保険金が渡るようにしなければならないのです。もちろん、独身の頃は怪我や病気など医療保険に比重が高くなりますが、結婚すれば、死亡保険も考えなければいけません。このように、生命保険は自分を取り巻く環境の変化に合わせ、常に見直しを検討する必要があるのです。

生命保険の見直しは、就職、結婚、出産、マイホーム購入、子どもの自立、そして老後とライフイベント毎に行うのが理想的です。どういった部分の保障を手厚くするのか、そして死亡保険の保険金額や、老後に備えての貯蓄などその都度考え直し、変更すべきなのです。

こういった生命保険の見直しですが、やはり家計とのバランスもありますし、保険内容についても、しっかりとした知識が必要となってきます。ただ、保険の内容は複雑でアレルギーのある人が多いのも事実です。そういったときに、力になってくれるのがファイナンシャルプランナーという存在なのです。

保険は見直しが重要

保険は見直しが重要

万が一のときのために、ほとんどの人は生命保険へ加入していますが、実際に自分が加入しているその生命保険の内容までを、しっかりと把握している人は多くはありません。加入時に一応は保険会社の担当者から説明を受けるのですが、生命保険は加入しているだけで安心だという考えがあるため、内容についてはあまり関心がもたれていないのです。

このように、生命保険は加入した当時のまま、保険料を支払い続けていくことになります。しかし、実際問題として加入した頃の自分が、そのままの環境の下で生活を続けることはありません。加入時は独身だったとしても、いずれ結婚し、家族が増え、マイホームを購入することもあります。そういった場合、果たして加入したままの保険内容でいいのでしょうか。

保険内容をあまり確認することなく、自分を取り巻く環境はどんどんと変わっていきます。つまり保険内容と実生活に大きなズレが出てくるわけです。そんなとき、病気や怪我などの不運に見舞われたらどうでしょう。充分な保証を得ることはできないのです。このように、生命保険は保険内容をしっかりと確認することが重要となり、もっと重要な点は、ある時期において保険の見直しをするということなのです。

生命保険の見直し

生命保険の見直し

ほとんどの人は、生命保険に見直しが必要だということを知っていません。加入した当時の保障内容を何年も手つかずのままでいるのです。しかし、実際のところ生命保険は常に新商品が出ていますし、病院の診察方法も変わってきています。時代は変わっても、生命保険は変わらないままでは当然のことながら不都合が出てくるのです。

ではその生命保険の見直しはどういったタイミングで行えばいいのでしょう。例えば、独身で実家暮らしの場合、その保障内容としては死亡保険よりも医療保険のほうに比重を置くはずです。受取人も両親となり、毎月の保険料も比較的安い商品でも事足りるのです。しかしこれが結婚し、家庭ができたら話は変わってきます。やはり万が一のとき、残された家族のための保障を考えなければいけません。このように、生命保険は結婚や出産、マイホームの購入時、子どもの独立、そして老後と、ライフイベント毎に見直すことで、充分な保障を確保できるのです

ただ、こういった生命保険の見直しも、保険についての知識が必要となります。そして多くの人が、自分が加入している保険内容についてほとんど把握できていないのが実情でしょう。見直しはしたいけれど、どういった保障内容がいいのか分からない人がほとんどなのです。そういったときはファイナンシャルプランナー(FP)に相談してください。FPに相談することで、自分に合った保険見直しができるのです。このサイトは生命保険見直しとFPについて説明します。